【保存版】 ファクトリーチームが使うクラッチ

この記事は約4分で読めます。

買えるファクトリーパーツ 第12弾:クラッチ

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

今回ご紹介するファクトリーパーツはクラッチ

今のレースでは、スタート時しかクラッチは使用しません。
とはいえ、良いものでなければライダーもチームも使いません。

なかには購入できるものもあります。

はい! では順に見ていきましょ~~う😁

スーパーバイク系のクラッチ

スーパーバイクのクラッチ形式は純正と同じです。
純正がワイヤー式ならレースでもワイヤー式になります。

Team HRC、CBR1000RR

CBR1000RR
ワイヤー式です。
ホルダー、レバーともオリジナルの切削品です。

ダイヤルが大きく、ヒトデ型(星形) なのも特徴的です。
後に出てくるRC213Vと同じダイヤルと思われます。

ヤマハファクトリー、YZF-R1

YZF-R1パッと見はR1の純正のようですが、実はレース用部品。

純正品はすりわりタイプのボルト1本固定。
脱着の際にいちいちグリップを外す必要があります。
でも、これは分割式なので脱着が容易です。

おそらくTZなどの市販レーサーに使われてるものと思われます。
よって購入も可能です。

ただし、レース用のためスイッチがありません。
使用は現実的ではないですね。

Kawasaki Racing(海外)、ZX-10RR

ZX-10RR上がクラッチレバーで、ZX10Rの純正品。
下がリヤブレーキになります。

左ブレーキは、サムブレーキが定番でしたが、
横押しのスクーターブレーキが採用され、
今ではラジアルまで出てきました。

ブレーキなのでレバーガードも装備されています。

よく見るとリモートワイヤーもついてます。
スゴイですね。

Kawasaki Racing(国内)、ZX-10RR

ZX-10RR
国内のKawasaki Racingでは、純正のホルダーにZETAのレバー。
市販品なので購入可能です。

⇓フライトレバー クラッチ

楽天市場

Yoshimura SERT、GSXR1000

GSXR1000ヨシムラさんはZETAのフライトパーチ。
ホンダと同じく大きいダイヤルが特徴的です。

こちらも市販品なので購入可能です。

⇓フライトパーチ クラッチホルダー

楽天市場

MotoGPのクラッチ

MotoGPでは基本的に油圧式です。
多くのチームがbremboです。

ちなみにbrembo社はレーススポンサーをしていません。
そのためbremboのロゴがついたレースマシンはありません。
どのチームも購入して使っています。

GSX-RR

GSX-RRスズキのGSX-RRはbrembo製のφ16X19。

レバー可倒部のボルトはスズキ製。

レバー先端の抜きは走行風対策。
アルマイトがかかってないことから、スズキによる後加工と思われます。

マスターシリンダー本体はレース専用の非売品です。
並行業者から購入できなくもないですが、
その際はアフタフォローしてくれるかを確認しましょう。

YZR-M1

YZR-M1ヤマハのYZR-M1もbremboを採用。

最近のモデルには刻印がないためサイズはわかりません。
おそらく以前と同じφ16×19でしょう。

下図はロッシが乗っていたM1になります。
φ16×19の刻印が見えます。
可倒レバーはオリジナルの切削品。
可倒部のボルトもヤマハ製のチタンボルトです。

RC213V

MotoGPで唯一ワイヤー式のクラッチを採用してるのが
ホンダのRC213Vも以前は油圧クラッチでした
ちなみにbremboのΦ16×19。

現在はワイヤー式になっております。

Moto GPでは唯一のワイヤ式です。RC213Vダイヤルは、1番はじめに紹介したCBRと共通と思われます。

ピボットピンも面白いですね。
通常は下側にくるナットが上面にいます。

特に面白いのが先端のbremboレバー。
先端レバーを他社に変えるチームが多い中、これはその逆。
レバー先端だけに既存のbremboを使ってます。

Kawasaki Racingやヨシムラさんではbremboの可倒レバーにZETAを使っています。



はい、今回はこれで以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
癒しになりますm(__)m


SLAM DUNK 新装再編版 全20巻 新品セット
Amazon
マニアってます
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました