【超マニアック!】クラッチレバーの法則と互換性

この記事は約4分で読めます。

【実はクラッチレバーの製造元は同じ】

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

今回は純正のクラッチレバーとホルダーについて解説します。

サブタイトルにも記載してますが、
ワイヤークラッチって4メーカーとも同じ会社が作ってます。

朝日電装さんというスイッチ屋さんなんです。
https://www.ad-asahidenso.co.jp/

製造元が同じならメーカーが違っても互換性はあるのでしょうか?
各メーカーごとにどんな違いがあるのでしょうか?

いつもにも増してマニアックな内容となっております(笑)

レバーの判別方法

裏面の刻印でレバーの種類が判別できます。

左のSG941がレバーの品番
Sではじまるのでスズキですが、
必ずしも頭文字と一致するわけではありません。

右のADが朝日電装の略になります。

レバーの種類

実は、ワイヤークラッチのレバーはとても少ない。
そのなかでも汎用度が高いのが以下の5種類。

カワサキ用:KG953


カワサキはレバーもホルダーも独特。
完全に孤立した設計になっています。

クランプが分割式になってるのもカワサキだけ

ホンダ用:YG973


ホンダのレバーは、次に出てくるヤマハと共通。
ただし、ピボットのカラーが異なります。

ホンダだけが内径φ8になっています。
それ以外は全てφ6のカラー使っています。

なお、ホンダのピボットカラーは圧入されています。
他メーカーと違い外すことはできません。

ヤマハ用:YG973


先のホンダとレバー本体は共通です。
ピボットカラーの内径がφ6になっています。

ヤマハ、アプリリア用:YG970


取付にあたる部分はYG970とYG973は同じ仕様。
違うのはレバー開度。

YG970のほうが開きが大きくなっています。

スズキ用:SG941


このレバーの特徴は、スイッチを押すためのブロックが支点に近いこと。
それ以外は、ヤマハのYG973と同じです。

レバーの互換性 ①

結論から言うと、互換性はほとんどありません。

ホンダのレバーホルダーに取り付けできるのは、ホンダのレバーのみ。
スズキのレバーホルダーに取り付けできるのは、スズキのレバーのみ。
ということです。

唯一、組み換えが可能なのがヤマハのYG973とYG970。
この2つの違いはレバー開度のみ。
よって、組み替えても特に不具合はないと思われますが、
ボク自身は、試したことがありません。

もし、組み替えたことがある人がいたら結果を教えてください。

ちなみに、5種類ともタイコの取付位置が共通。
支点から距離は全て34mmです。

レバーの互換性 ②

レバーの各仕様を一覧表にしました👇
各メーカーごとに仕様が分かれており、互換性がないことがわかります。

カワサキは完全にレバーもホルダーも独特。
完全に孤立した設計で他メーカーとの組み合わせはできません。

ホンダはカラーをφ6に交換できればヤマハとの互換性もあるのですが、
カラーが圧入されているため取り外しできません。
よって、他のホルダーへの使用はできません。

ヤマハのYG973とYG970は交換可能です。
ただし、先の記載通り開度違いによる不具合があるか不明。

最後、スズキのSG941とYG970/YG973は、スイッチの押し方が異なります。

スズキのホルダーにヤマハのYG970/973をつけると
スイッチを押すことができません。


反対にヤマハのホルダーにスズキのSG941レバーの場合
上図のような接触があり装着できません。


ちなみに、5種類とも作用点であるタイコの位置は共通です。
支点から作用点まで全て34mmです。
つまりレバー比が共通なんです。

従って、レバーだけの交換は無理でも
ホルダーごと交換すれば操作は可能なんです。
(※スイッチの配線の加工が必要)

ZETAやACTIVE、アコサットのクラッチキットが、
朝日電装製に対し汎用で使えるはこのためです。

レース用クラッチ


上の写真はヤマハファクトリーのYZF-R1。
クラッチはパッと見は純正に見えますが、実はレース用。
よく見比べるとたくさんの違いがわかります。

このクラッチキットですが、購入することもできます。
その件に関してはコチラで詳しく解説しています👇
【保存版】 ファクトリーチームが使うクラッチ



はい、今回はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
癒しになりますm(__)m


SLAM DUNK 新装再編版 全20巻 新品セット
Amazon
マニアってます
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました