【こだわるならTY-RAP】 ファクトリーチームが使う結束バンド

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

結束バンドって言ったら全部タイラップと思ってませんか?
あなたが使ってるのはおそらくインシュロックです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結束バンドの種類

結束バンドには以下の3種類があります。

①タイラップ
②インシュロック
③インシュロックもどき (メーカー不明品)

「結束バンド」 のことを英語で 「タイラップ」 と思っていませんか?
僕も以前は勘違いをしていました。

ヒートテックと同じです。
ユニクロの発熱インナーがヒートテックという名前であり
発熱インナーがヒートテックとうわけではありません。

なお、多くの人がタイラップと呼んでいるのは
実はインシュロック、もしくはインシュロックもどきなんです。

これがタイラップです↓

[トーマス・アンド・ベッツ] Thomas&Betts Ty-Rap TB-150X黒

正しくは、TY-RAP
トーマス&ベッツインターナショナルインク
略してT&B社の製品名です。

特徴は
・ステンレスの爪で固定する
・ストラップに溝がなく、どんな位置でも固定できる


次に、これがインシュロックです ↓

ヘラマンタイトン 結束バンド インシュロック

ホームセンターで売ってるのはインシュロックです。
もしくはメーカー不明のインシュロックです。

タイラップは決して高価ではないのですが、あまり流通してません。
よって、知らずに買ったらタイラップだったということはまずないでしょう。

入手困難というわけではありません。
通販サイト、もしくは東急ハンズで購入できます。

ホームセンターでは、スーパービバホームにありました。
インスタのネタにするため思わず写真撮ってしまいました↓

余談ですが、アルマイトもこれと同じです。
陽極酸化全般をアルマイトと呼んでいますが、本来はアルミ専用の陽極酸化処理のことです。
ちなみに理化学研究所の商標です。

モトロックマンでも 「マゼンタアルマイト」 のチタンボルトを販売してます。
ホントは正しくないのですが、「マゼンタ陽極酸化被膜」 って記載すると
かったくるしいので(;・∀・)

TY-RAPの種類

インシュロックやインシュロックもどきには様々な色がありますが、
特に意味はなく、あくまでビジュアルです。

でも、タイラップは違います。
色によって用途 (グレード) が異なります

① 標準タイプ:乳白色。 対応温度は-40~85℃


こちらで購入できます

②耐候タイプ:黒。 対応温度は-40~85℃


こちらで購入できます

③耐候・耐熱タイプ:淡青。 対応温度-40~110℃

④特殊用途タイプ:青緑。 原子力・化学プラント用。 対応温度-45~150℃

他にも色はあるようですが、基本はこの4種類になります。

ファクトリーチームのタイラップの使い方

ファクトリーチームが使うのはもちろんタイラップです。
どの部位にどの色を使っているか見ていきましょう。

チェンジロッド (乳白色)

配線・ケーブル (乳白色)

Tジョイント (黒)

ブレーキタンクホース (乳白色)

ブレーキーホース・フロント (乳白色)

他の部位も見つかれば更新していきます。

まとめ

タイラップじゃないとダメってわけではないです。
メーカー不明のインシュロックでも十分です。

でも、F1やGPのファクトリーチームは
みんなタイラップ
って知ったらどうですか?

結束バンドをタイラップにしても誰も気づきません。
特に効果があるわけでもありません。

自分で眺めたときに何となくニヤつく程度です。
だけど、それがイイんじゃないでしょうか???

トリビア
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました