【チタンはなぜ高い!?】 答えは製錬と精錬にあった

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

「チタンボルト、かっこいいですよね~。でも、やっぱり高いんだよね~」
ってコメントをよくもらいます。
そう、チタンボルトってやっぱり高級品なんですよね。。。

なぜ、チタンは高いのでしょうか?

今回はチタンが高価な理由を説明いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チタンが高価な理由

チタンが高いのはズバリ、レアメタルだからです。

レアメタルってなに?? と思ったあなた!
これから具体的にどういうものか説明します。

レアメタル、希少金属(きしょうきんぞく)は、様々な理由から産業界での流通量・使用量が少なく希少な非鉄金属のこと。
『 ウィキペディア (Wikipedia) 』

チタンは希少金属だから高価

そう、チタンは希少な金座なんです。

それなのにMotoGPではスプロケットにチタン使ってます⇩
「無駄使いするな!」 って言いたくなります(笑)

でも安心してください。
実はチタンは少なくないんです。

はっ!? どういうこと?
って思いますよね。

先ほどの文章にはこうあります。
「流通量が少なく希少」

流通が少ないのには2つ原因があります。

① 地球上に存在が少ない
② 元素を金属化・材料化させるのが困難

では、チタンはどちらでしょうか?
そう、チタンは後者(金属化・材料化させるのが困難)なんです!

チタンは製錬・精錬が困難だから高価

チタンが希少なのはズバリ、材料化への工程が困難だからです。

まず、鉱石から金属を取り出す工程があります。
これを製錬(せいれん)と言います。

次に、不純物の多い金属から純度の高い金属を取り出す工程があります。
これを精錬(せいれん)と言います。

チタンはこの製錬と精錬がとってもたいへんなんです。
なぜかと言うと、チタンが一瞬にして酸素と結合するからです。

そのため、精錬作業は真空状態もしくはアルゴン中で行う必要があります。
この作業がチタンを高価にしているのです(*_*;

それに加え、チタンは難加工材でもあります。
切削・プレス・溶接加工が困難です。

高価なチタン材のうえ、加工コストもかかるというわけです。

チタンが高価な理由・まとめ

チタンの元素自体は少なくない
 ↓
しかし、元素から金属材にする工程が困難で、コストがかかる
 ↓
よって、チタン材は高価になる
 ↓
また、チタン材の加工も困難で、コストがかかる
 ↓
結果、チタン製品は高価となる

チタンの真実:存在量は第9位


先ほど、「チタンの存在量は少なくない」 と言いました。
では実際にどの程度かと言うと
地中の元素が77種類あるなか、9番目の存在量なんです。

地殻内元素ベスト10

では、地中の元素ベスト10を発表します。

あれ? 第9位と言っても全体の0.66%なんですね。
たった、0.66% !?

いえいえ、よく見てください。
上位に金属ではない元素がかなりの割合を占めてるんです。

金属だけで見ると、
アルミニウム、鉄、マグネシウムときてチタンは4位なんです。

そう、実はチタンはたくさんあるんです。

チタンはレアメタルでない

そもそも 「レアメタル」 は和製英語なんです。
海外ではチタンを 「マイナーメタル」 と呼びます。
(実際にアメリカの取引先でもマイナーメタルと言ってました)

レアメタルと言うと別の意味になります。

マイナーメタルとレアメタルの違い


流通の少ない希少金属全般を 「マイナーメタル」 と言い
そのうち存在量が極端に少ない希土類元素を 「レアアース」 と言います。
英語圏における 「レアメタル」 はこの「レアア-ス」 になります。

ちなみにレアアースは以下の17種類のみ

どれも聞かない名前ばかりですね。
それだけ レア(稀(まれ)で珍しい) ということですね。

ウルトラマンの光線みたいな名前ばかり(笑)

はい、今回は以上になります。
この内容が話のネタにでもなれば幸いです。

チタントリビア
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました