【ボルトの寿命を考える】 曲がった時点で終わり? 折れるまでOK?

この記事は約3分で読めます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
今後の糧になりますm(__)m

【チタンの真実・第8弾:チタンは強度でクロモリに劣る、でも実は・・・耐力で勝る】

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

今回のテーマは耐力!
正確には 0.2%耐力とか、降伏点と言います。

「えっと?どゆこと?」(;゚Д゚)??ですよね。
では、説明いたします。

スポンサーリンク

0.2%耐力とは?

0.2%耐力とは、荷重を受けた金属に
0.2%のひずみが起きる応力値です。

なぜ0.2%かというと、この時点でひずみが元に戻らなくなるから。
つまり、永久変形が起こる数値なんです。

多くの金属が0.2%でひずみから永久変形しますが
ステンレス鋼は0.1%で元に戻らなくなります。

材質によってパーセントを言い換えるのもメンドクサイので
数字は略して耐力と呼ぶ人が多いです。

降伏点とは?

次項の表の耐力の欄を見てください。
“降伏点または耐力” とあります。
耐力と同じ意味を表すのが、降伏点です。

金属が永久変形することを降伏と言い
降伏がおきた数値を降伏点と言います。


左は降伏点が明確です。
でも、右にはきっかけとなるポイントがありません。

金属によっては降伏点がわからないものがあります。
そういった金属に対しては、0.2%変形した時点を降伏点とします。

チタン合金 VS クロモリ


耐力についてわかったところで、ここからが本番です。
チタン合金Ti-6Al-4VとクロモリSCM435を比較してみましょう。

まずは強度、
SCM435が930N/㎟、Ti-6Al-4Vが900N/㎟
若干、クロモリ鋼が上回る感じになります。

次に耐力、
SCM435が785N/㎟。Ti-6Al-4Vが845N/㎟
かなりの差が生じてます。

クロモリ鋼のほうが先に変形するが
チタン合金のほうが先に折れるという結果です

ボルトの寿命は?


強度で勝るクロモリ鋼
耐力で勝るチタン合金
ボルトとしてどちらに軍配が上がるのでしょうか?
難しい問題ですね。

ちなみにレースでは距離管理をしてるところもあります。
変形がなくとも定めた距離に達したボルトは交換します。

チタンの真実


モトロックマンがお伝えするチタンの真実は8つ。
もう見ていただいていますでしょうか?
まだだよって方は、以下のリンクよりぜひ見てください!

チタンは希少! でも実は・・・
チタンは軽い! でも実は・・・
チタンは錆びない! でも実は・・・
チタンは錆びさせない? 実は・・・
チタンは折れる!? でも実は・・・
チタンは強い! でも実は・・・
チタンは硬い! でも実は・・・
⑧ チタンは強度でクロモリに劣る? でも実は・・・


はい、今回の記事はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
癒しになりますm(__)m

チタンの真実
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました