【ストリートにおけるチタンの最大のメリット】 それは、錆びないこと

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

チタンボルトが錆びないことは多くの方がご存知と思います。
でも、錆びない理由を知っている人は少ないのでは?

では、順に説明していきます。

なぜ チタンは錆びないのか?

結論から言うと
「チタンは不動態により外部の影響を受けません
「チタンは不動態により外部に影響を与えません

つまり、不動態によって
外部との関係がシャトダウンされるわけです。

不動態とは・・・

不動態は金属の表面にできた酸化被膜のことです。
厳密にはこの被膜ができた状態のことを言います。

チタンは空気に触れた瞬間にこの被膜を形成します。
そして常にこの被膜に覆われた状態にあります。

酸化被膜の効果とは・・・

酸化被膜は様々な溶液や酸に耐えることができます。
この被膜があることでチタンに腐食が起こらないのです。

また、被膜は中の金属を化学的に絶縁状態にします。※正確には絶縁ではありません。
よって、外部からの影響を受けず、外部へ影響を与えない 状態になります

化学プラントや航空宇宙の分野でチタンが使われるのは
不動態により外部からの影響をうけないからです。

チタンが人体に使われるのはアレルギー反応が起きないためです。
不動態により外部へ影響を与えないためです。

そもそも金属の腐食の原因は?

酸化が原因 と思う方が多いでは?
実は違います。

酸化は酸化被膜を形成することであり
むしろ金属を保護する現象です。
 
腐食は金属を保護する 酸化被膜の破壊 によっておこります。

そしてこの破壊は、
雨水や大気中の水分、汚染物などの影響によっておこります。

僕なりの例えをするなら
酸化被膜 (不動態) は サランラップです。

サランラップにまいておけば食品は長持ちします。
とはいえ、確実に食品の鮮度は落ちていきます。

でも、もし完全密閉でできるサランラップがならどうですか?
絶対の破ることのできないサランラップならどうですか?

そう、チタンの不動態はまさにこれ、無敵なんです。

他の金属の不動態は?

アルミ、クロム、亜鉛にも不動態ができます。
あと、これらを使った合金にもできます。

アルミの不動態

アルミの不動態は、はっきり言って弱いです。
そのままではすぐに腐食します。
水分、汚染物の影響を受けやすいということです。

そのため人工的に酸化処理をして腐食対策する必要があります。
実はこの処理がアルマイトなんです。

ただし、アルマイトも次第に効果が落ちます。
アルミもいずれは腐食がおきます。

クロムの不動態

クロムの不動態は強いです。
そのクロムで出来た合金と言えば、ステンレスです。

そのためステンレスは錆びないと言われてます。
でも実際はどうですか?
錆びたステンレスって見たことありますよね?

不動態を破壊するのは、水分と汚染物です。
ステンレスが錆びにくいのは、水分とあらゆる汚染物に強いからです。

そんなステンレス (クロム) の被膜を破壊してしまうのが、塩化物イオン です。

不動態の弱点、それは塩化物イオン!!

不動態の最大の弱点は塩化物イオン?
そんなのどこにあるの?って思いますよね。

たしかに大気の成分には含まれていません。
でも、成分にふくまれないだけで大気中にいます。
排気ガス、下水、潮風など様々です。

この塩化物イオンが不動態を弱らせます。

チタンの不動態は無敵

唯一、チタンの不動態のみが塩化物イオンに耐えます
正しくは、影響を受けません。

雨水や水分、そして全ての汚染物の影響を受けない
そう、チタンの不動態 (酸化被膜) は無敵! なんです。

そしてチタンがさらにスゴイところは、
取り付けた相手の金属も錆びさせないことです。
この件に関しては関連記事 「チタンはさびないだけじゃない!」 をお読みください。

チタン
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました