【コスパ最強のバイクパーツ、それはタイヤ】 ブリヂストンでなければ勝てない事実

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

先日、タイヤをスポーツモデルからツーリングモデルに変えました。
最近ではバイクは子どもの習い事送迎がメイン。

安いのでイイやって思ったのですが、変えてビックリ!
重い! 曲がらん! 乗りにくい!

これほど違うとは。。。
う~ん、でもしばらくはこれでガマン。

とゆことで、
今回はタイヤの話です。
とは言ってもタイヤ性能なんて専門外です。
簡単に「レースとタイヤ」の関係についてです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリヂストンの勝率

まずは、これ見てください。
2019年の鈴鹿8耐のリザルト (レース結果)です⇩

表の右端がタイヤの欄です。
タイヤメーカーは以下のように省略されます。

BS = ブリヂストン
DL = ダンロップ
MI = ミシュラン
PI = ピレリ
TBA = 未定

ブリヂストンがハンパないのがわかります。
1~10位の内、9位のモリワキさんを除いてBS (ブリヂストン) なんですよ。
なお、この8耐でのBS使用率は約5割

では次、こちらを見てください。
2019年のJSB1000 (スーパーバイク全日本選手権) のランキングです⇩

出場チームの8割以上がBSタイヤを使用しています。
JSB1000にはタイヤメーカーの制限はありません。自由です。

それなのに、これだけのチームがBSを使います。
これはつまり「BSでなければ勝てない」 ということなんです。

JSBのシェア約80%!?

シェア80%って言ったらスゴイ数字です。
でも、BSが最高!ならどうしてJSBのシェアが100%じゃないのでしょうか?

答えは レースチーム、タイヤメーカーの事情にあります。

BS社だって欲しがるチーム全てに供給できません。
おそらく年間でレースに使うサポート枠が決まっているのでしょう。

じゃあ、その枠に入れなかったチームは?

・お金を出してBSの市販タイヤを買う
・別のタイヤメーカーのサポートを受ける

この2択になります

別のタイヤメーカーから
「タイヤサポートするよ」 って言われたら、
「じゃあお願いします」 って返事になりますよね。

8耐のシェアは50~60%!?

BSが最高!
ならどうして8耐のシェアが100%じゃないのか?

答えは 日本のレース事情と海外チームの参加にあります。

日本のレース事情とは?
JSB1000の参加チームのほとんどが8耐に出場します。
当然、JSBで使っているタイヤメーカーで8耐も走ります。

JSB1000のシェアは80%です。
従って、この時点でBSが100%になることはありません。

海外チームの参加とは?
8耐には海外からの参加するチームがあります。
海外チームはBSを使いません、使えません、なぜか?

そもそも、なぜ海外チームが8耐に参加するのか?
答えは、鈴鹿8耐がEWC (世界耐久) のうちの1つだからです。

現在、EWC (世界耐久) は以下の5戦あります。

① ボルドール 24時間
② ルマン 24時間
③ スロバキア 8時間
④ オシャスレーベン 8時間
⑤ 鈴鹿 8時間

フルエントリーしているチームは鈴鹿にも参戦してくるわけです。
ちなみに8耐のリザルトで※マークがあるのが世界耐久にフル参戦しているチームです。

なぜ海外チームがBSを使っていないか?
答え:BSが海外チームをサポートしていないから

EWC (世界耐久) に供給する余裕がないんでしょうね。
サポートを受けているのは TSRとYARTの2チームだけです。
この2チームを除くチームの参戦によってシェアが下がるというわけです。

ちなみに2021年はSERT (Suzuki Endurance Racing Team) とヨシムラが共同でエントリーします。
いつもならSERTはダンロップなのですが、
ヨシムラと共同チームのためBSが使えるようですね。

タイヤの技術は日進月歩で進化

タイヤは、バイクの性能・気候・コースに影響されます。

BSが日本のレースにおいて無敵なのは、
日本の環境にあわせてタイヤを用意しているから。

ヨーロッパがメインのEWCではBSも厳しいでしょうね。
と思いきや、TSRやヨシムラが結果をだしています。
やっぱりBSはスゴイ!!

まとめ:日本の技術は世界一

レースにおいて優勝争いするのは常に日本車です。
タイヤも日本製が一番です。
なんだかんだ言っても日本の技術はスンバラシイです。

以上で ”ブリヂストン最高” の話はおわりますが
せっかくなので、オマケを1つ

おまけ:タイヤのワンメイク

タイヤによってレースの勝敗が大きく左右されます
これでは、ライダーの技量 と マシンの性能 に優劣がつきません。

そこでタイヤのワンメイクのレースが存在します。
共通のタイヤをつかったレースのことです。

主なタイヤのワンメイクとして以下のレースがあります。

Moto GP → ミシュラン
SBK → ピレリ
ST1000 → ダンロップ
ST600 → ブリヂストン

ちなみにワンメイクにはタイヤのほかにエンジンがあります。
Moto2はトライアンフのStreet Triple RSのエンジンを使ったレースになります。

このあたりのレースカテゴリーについては別の機会に説明いたします。

レース
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました