【バイク初心者の方へオススメ】 知っておいて損はないレースのカテゴリー

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

先日、 こんな質問されました。
「SBK とか JSB ってどんなDAI語なの?なんの略なんですか?」

DAI語って・・・ねぇ(-_-;)
というわけで今回はロードレースについて S・S・O (紹介・したいと・思います)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レースチームの種類

レースチームの種類
レースチームには以下の3種類があります。

ワークスチーム (ファクトリーチーム)
サテライトチーム (セミワークス)
プライベートチーム

ワークスチームとは

マシンの製造メーカーによるチームのことです。
つまり車両メーカーです。

チーム名のなかに 「ホンダ」 「ヤマハ」 など
メーカー名が必ず含まれてます。

メーカーのファクトリー (開発工場) と直結してるため
ファクトリーチームとも言われます。

ちなみにレースマシンの製造メーカーのことをコンストラクター
またはマニュファクチュアラーとも言います。

サテライトチームとは

コンストラクターからマシンをリース・購入してるチームです。
セミワークスとも言われます。

ワークスと同じマシンを供給されるチームもあれば
型落ちのマシンを貸与されて参戦するチームもあります。

プライベートチームとは

プライベートチーム

市販のレースマシンを購入して参戦しているチームになります。
日本で一番有名なプライベートチームと言えば、
ご存知ヨシムラさんです。

レースのカテゴリー

レースカテゴリー

ロードレースの分類表を作ってみたのですが・・・。
複雑すぎて、図式化するのが難しい (-_-;)

とりあえず今回はこれで勘弁してください。
では順に説明します。

Moto GP/WGP

ロードレースの最高峰の位置づけがMotoGPになります。
WGPとも言いますが、実際にそう呼ぶ人はあまりいませんね。

四輪レースのフォーミュラカーに相当します。
クラスは以下の3つが存在します

MotoGP・・・・1000cc、4ストローク、 最大4気筒まで
Moto2・・・・・765cc、3気筒、4ストローク ※3年ごとにエンジンが変わります
Moto3・・・・・250cc、単気筒、4ストローク

MotoGP クラス

最高峰カテゴリーの最高クラスになります。
四輪レースのF1の位置づけになります。

このレースに使われる車両はF1と同様に
各メーカーのプロトタイプマシン (開発車両) になります。
よって、このクラスに市販車を使用するプライベートチームはありません。

2021年は、ホンダ、ヤマハ、スズキ,DUCATI、KTM、アプリリアが参戦。
サテライトチームも合わせて全11チーム ⇩

青色がファクトリーチームになります。
それ以外がサテライトになります。

カワサキは現在のとこ参戦してません。
モトGPができた当初は参戦してたのですが・・・。

タイヤは現在、ミシュランのワンメイクです。
以前はブリヂストンでした。

MotoGP というカテゴリーのなかに
MotoGP というクラスがあるのがややこしいですね。

Moto2 クラス

Moto2マシンはワンメイクの公式エンジンと
シャシービルダーのよるフレームで構成されています。

よってこのクラスのコンストラクターはシャシービルダーになります。
2021年はカレックス、スピードアップ、NTS、MVアグスタの4社になります。

3年ごとに供給されるエンジンが変わり。
現在はトライアンフの3気筒765ccエンジンです。
ちなみに、以前はCBR600RRの4気筒600ccでした。

タイヤはダンロップのワンメイクです。

Moto3 クラス

2021年のMoto3マシン製作 (コンストラクター) は、
ホンダ、KTM、ハスクバーナ、GASGASの4社になります。

タイヤはダンロップのワンメイクです。

Moto3は年齢制限が厳しいという特徴があります。
新規参戦は16から25歳まで、継続参戦は28歳までとなっています。

SBK/スーパーバイク世界選手権

市販車スプリントレースの最高峰。
つまり、市販車の世界一を決めるレースになります。

車輛は1000cc以下の3・4気筒、
もしくは1200cc以下の2気筒になります。

2021年のエントリーは以下の通り ⇩

このクラスではカワサキZX-10RR, ジョナサン・レイ!
今年は僅差で2位となりましたが、
昨年までに6年連続チェンピオンを獲得しています。

ちなみに、SBKの日本開催は2003年以降ありません。
東京モーターサイクルショーでも展示はありません。
残念なことに日本では現行のSBKマシンは見れないのです。

それが、いざ海外のレースに行ってみてビックリ!
チャンピオンマシンが野ざらし展示されてました。

これはラグナセカで撮ったのですが、
みんな触りたい放題、扱いが雑すぎる・・・ (-_-;)

EWC/世界耐久選手権

世界耐久選手権だったら、
World・Endurance・Championship で略して 「WEC」
このほうがしっくりきますよね。
でも、先に四輪レースで使われてるんですよね。
それで順番を変えて 「EWC」 になってるようです。

EWCは年間5戦前後のシリーズ戦で、
ご存知の鈴鹿8耐もその1つです。

開催国がフランス、ドイツ、ポルトガル、日本のため
フル参戦はほとんどがヨーロッパのチームになります。

ただ、試合数が少ないのため、鈴鹿8耐のみの参戦でも
成績次第でランキング10位に入ることができます。

また、鈴鹿8耐は国内4メーカーの地元ということもあり
ファクトリーチームの参戦が多々あります。
GPライダーやSBKライダーの採用もあります。
そんなわけで
\8耐で優勝することはシリーズチャンピオンになるより難しい/
と言われてます。

このカテゴリーではスズキ非常に強く
2001年からの21年間で14回チャンピオンになっています。

ここまで紹介したMoto GP、SBK、EWCが
二輪レースの3大タイトルとなります。

この下にアジア選手権や各国別の選手権があります。

JSB/全日本ロード選手権


日本のロードレースの最高峰がJSB1000になります。
SBKの日本版です。

ちなみに、アメリカならモトアメリカ (全米選手権)、
イギリスならBSB (ブリティッシュ選手権)といったように
各国にそれぞれの国内選手権があります。

ただ、JSB1000は他国のレースと少し様子が違います。
全ての参加チームが鈴鹿8耐にもエントリーするのです。
そのため、JSB1000のレギュレーションは
SBKよりもEWCに近いものとなってます。

また、ファクトリーチームが参戦するのも特徴的です。
ヤマハからは、ヤマハファクトリー。
カワサキからは、チームグリーン。
ホンダは、ハルクプロがセミファクトリー的な位置づけになります。
スズキだけが、唯一ファクトリー参戦がありません。

このカテゴリーでは、ここ10年間で8回ヤマハがチャンピオンを獲っています。

まとめ

Moto GPではホンダの優勝回数がダントツ。
SBKではカワサキが6連覇。
EWCではスズキが圧倒的。
JSB、AMAではここ10年間、完全にヤマハ。

各カテゴリーで4メーカーがキレイに分かれた状態になってます。
これではどこのバイクが一番と言い切れませんね。

今回はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。

トリビア集
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました