【バイク オタク度UP】クイックリリース機構の特集

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

今回はクイックリリースのパーツを集めてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーブリーのクイックコネクター

 
キング・オブ・クイックリリースと言っても過言ではないパーツです。
地味ですが画期的な部品です


当初はブレーキホースの途中に取りつけていました。
今はキャリパーの根本に取付けるのが定番です。

アコサット、キノクニといったメーカーに類似品があります。
キノクニは使ったことありますが、具合良かったです。

アクスルシャフト


クイックリリースと聞いて一番最初にアクスルが
浮かぶ人も少なくないのでは?
それだけ昔からありますね。

いすれ構造について説明いたします。

ヒンジ式クランプのハンドル


ヒンジ式クランプもクイックリリースの定番です。

街乗りではあまり意味ないんですよね。
純正ハンドルを外すときに、
結局トップブリッジを外さないといけないんです。

ヒンジ式はデメリットもあります。
詳しくは 【ヒンジ式キックリリースは危険?】 の記事で紹介しています。

別体式ハンドル


クランプとハンドルバーの2ピースからなるタイプです。
耐久ではこのタイプの使用率が高いです。

強いクランプ、曲がるハンドルにすることで、
転倒時のハンドルバーの交換だけで済むわけです。

ブレーキタンク


耐久のブレーキタンクは簡単に脱着できます。
チームグリーンではゴムバンドで固定してあります。


写真はスズキのGSVR。
GPマシンですが、このようにベータピンを
使ったクイックリリースも多いです。

リモートワイヤー


リモートワイヤーもステーから簡単に外せるものが多いです。
レバーからもワイヤーを外すことも可能です。
でも、こちらのほうが速いです。

ちなみに先に紹介した
ハンドル、ブレーキタンク、リモートワイヤー、それとクイックコネクター、
これがクイックリリースとして1つのセットになります。

ピットではマスターシリンダーが装着されたハンドルバーが
いくつも待機しています。
ブレーキタンク、リモートワイヤーも取付済、
フルードのエア抜きも終わった状態です。
転倒した際に部品を1個づつ移し替えるのではなく
ハンドバーことゴッソリ入れ替えるわけです。

スロットルハウジング


ボルト1本外すだけでスロットルワイヤー脱着が可能です。

以前のワイヤーねじ込みタイプから比べると
かなりの時短になります。

でも、いずれはスロットルバイワイヤー化が進み
どのマシンからもスロットルワイヤーはなくなるのでは?


ホンダのCBR1000RR-Rには、
もうスロットルワイヤーはありません。

フューエルキャップ

フューエルキャップは大きくわけて2種類あります。
耐久用とスプリント用です。


まずは、耐久用。
カスタムとして一般的ではないですね。


スプリント用。
ネジ込むのではなく、90°から半回転で脱着できるクイック式です。

個人的にはニュートンのキャップが無骨で好きですね(*^_^*)

クイックファスナー


これもクイックパーツの定番ですね。

バックステップ


フレームに固定してる部分、
穴ではなく溝になっています。

ボルトを最後まで外すことなく
ステップの脱着が出来るわけです。

クラッチホルダー


一見、純正品に見えるクラッチホルダー。
でもちょっと違います。

SS系の純正はクランプに割が入ってるだけなんです。
だから、外すのにグリップ抜く必要があります。
でもこれはクランプが分割できるんです。
これだけで相当作業が楽になります。

おそらく純正と同じ朝日電装製と思われます。
純正採用してほしいですね。

オイルフィラーキャップ


この写真は2017年の8耐のときに撮ったものです。
後にも先にも、この時しか見たことがありません。

使ってるところも見たことないです。

ロッドエンド


普通、チェンジロッドの先端にはピローがついてます。
これは矢印の部分がスプリングのある方へスライドさせることができ
アダプターから取り外すことができるわけです。

説明が下手でスミマセン (-_-;)

ヒンジ式フォークエンド


2017年の8耐の際に歴代マシンの展示があり
この写真はそのとき撮影したものです。

ヒンジ式のフォークエンドも面白いですが、
HRC製のキャリパーとホイールがあることにビックリ。

それにこのディスク形状、
bremboのTドライブの原型ですね。

?????


これ、どこにクイック機構があるかわかりますか?

【答え】 ラジエターステーです。
裏側のベータピンがチラっと見えますね。

現在用意できたのはここまで。
見つけるたびに更新していきます。

最後までご覧いただきありがとうございます。

マニアってます
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました