スポンサーリンク

【おすすめのカスタムパーツ】 リゾマのSTEALTH (ステルス)

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

今回はモトロックマンのオススメするパーツ第4弾
リゾマのSTEALTH (ステルス)。

※写真はリゾマ様HPより

正直、これを見たときは衝撃でした。
何が凄いって、ホントに作っちゃうところがスゴイ!

2010年にDUCATIがMoto GPでウイングレットを採用し
他メーカーもそれに続き、ウイングレットはGPでは
当たり前の装備となりました。


この時点で、どのパーツメーカーでもウイングレットが
議題にあがっていたのではないでしょうか。

そして、2015年にH2Rが発表されたとき、
多くのエンジニアが、「この手があったか!」 と気づきます。
僕もの中の1人です


そう、ミラーのかわりにウイングレットをつけるわけです。

僕なんてダウンフォーススライダーって商品を発売してるわけです。
ウイングレットを考えてないわけがない!

空力って走行してたらタダで手に入るエネルギーなんです。
これを利用しない手はないですね。

実は、僕にもステルスとほぼ同じ案がありました。
3Dプリンターを使って何度もトライ アンド エラーを繰り返しました。

しかしながら途中で断念しました。
案が具体的になるほど、製品化が非現実的と気づきました。

なぜ、リゾマ以外が開発していないのか?
おそらく僕と同じ理由ではないでしょうか。

・高価すぎる価格帯になるため、在庫リスクが高い
・開発費がかかりすぎる
・ウイングレットの純正採用の可能性大

ある程度、資本力がないと厳しい商材です。

ただ僕の場合、ウイングレットは断念しましたが、空力パーツは諦めてません。
次に着手したのが、ボルテックスジェネレーターでした。

飛行機やF1に多用されている空力パーツです⇩


効果などの詳細は省きます。

これならウイングレットに比べ、かなり小型の製品になります
製品化も現実的ですが、これにも問題がありました。

ミラー対策です。
純正ミラ-を外すわけですから、代わりのミラーが必要です。

弊社にはミラーはありません。
「他社製品に依存するか?」 とも考えました。

そうこうしてたら他の仕事が忙しくなり、モチベーションも下がります。
そこへステルの登場でした。

今考えると、リゾマさんの場合、バーエンドミラーもあるわけです。
リゾマさんにとってウイングは 「作るべくして作る」 商材だったわけですね。

そんなこんなで、ステルスには驚きました。
それに完成度も高い!
正直、今は 「製品化しなくて良かった♪」 とホッとしてます。

まぁ、こんな風に説明してますが、
実はまだ一度も見たことがありません(笑)

早く見てみたいです。

今回は以上です。
最後までご覧いただきありがとうございます。

ステルスは以下のサイトで購入できます。

YZF-R1用 ⇩
rizoma リゾマ STEALTHミラー カラー:ブラック YZF R1 YAMAHA ヤマハ

パニガーレ用 ⇩
rizoma リゾマ STEALTHミラー カラー:ダークグレー Panigale V2 955 Panigale V2 955 Panigale V4 1100 Panigale V4 1100 Panigale V4 S 1100 Panigale V4 S 1100 Panigale V4 Speciale 1100

M1000RR/S1000RR ⇩
rizoma リゾマ STEALTHミラー カラー:ブラック M 1000 RR S 1000 RR S 1000 RR BMW BMW BMW BMW BMW BMW

GSX-R1000R/R ⇩
rizoma リゾマ STEALTHミラー カラー:ダークグレー GSX R 1000 GSX R 1000 R SUZUKI スズキ SUZUKI スズキ

ZX-10R用 ⇩
rizoma リゾマ STEALTHミラー カラー:ダークグレー Ninja 1000 ZX-10R SE KAWASAKI カワサキ

CBR1000RR-R ⇩
rizoma リゾマ STEALTHミラー カラー:アルミニウム CBR 1000 RR-R Fireblade CBR 1000 RR-R Fireblade SP CBR 1000 RR-R Fireblade SP Carbon HONDA ホンダ HONDA ホンダ HONDA ホンダ

カスタムのすゝめ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました