【中級者向け】 プラスチックにバフする方法

この記事は約3分で読めます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
今後の糧になりますm(__)m


こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

先日、研磨屋さんにてプラスチックの
バフのかけ方を教わりました。

せっかくなので忘れないうちに
教わった内容をアップいたします。

ちなみに、バフ処理したのは
ジュラコン製のスライダーです。

スポンサーリンク

作業工程

作業は以下の流れとなります。

ペーパー磨き

綿バフ研磨

ネルバフ研磨

では、具体的に説明します。

ペーパー磨き

まずはサンドペーパーで傷を消します。
使用する番手は、傷の度合いで調整します。

最終的には #3000 で仕上げます。
この番手まで行えば次のバフが容易となります。
ちなみにウチのスライダーには、いきなり #3000 を使ってました。

使用する機材はコレ⇩

サンダー・ポリッシャー (ダブルアクション)

コンプレッサーがあるならエアータイプがオススメ。
理由は単純、電動より軽いから(*^_^*)

あと、ダブルアクション式であることも重要です。
ダブルアクションとは、先端の円形パッドが回転しつつ、
さらにパッド全体が円形に回転するものです。

円が偏芯して回転するため、
力が分散され削りムラが少なくなります。

また相手がプラスチックなので、
シングルアクションでは溶けてしまいます。

なお、アクションは全部で6種類。
研削力の順番に並べました。

シングルアクション・・・芯円回転。駆動力がダイレクトに伝わる

ギアアクション・・・ジグザグ回転。駆動力は比較的強く伝わる

ダブルアクション・・・偏芯回転。駆動力は分散される

オーピタルアクション・・・四角 (長方形) パッド。楕円の動き。平滑に伝わる。

ストレートアクション・・・四角 (長方形) パッド。直線的な動作。直線的・平滑に伝わる。

揺動アクション・・・左右に振る動作。左右に揺動度数分の駆動が伝わる。

ちなみに機材がなければ、手作業でも構わないようです。

綿バフ研磨で中仕上げ


綿バフを使って先ほどペーパー跡を消し、仕上げ処理となります。
ここで注意することは2つ。

1つは、研磨剤に白棒を使うこと。
青棒はカスがこべりついてメンドクサイから。

もう1つは、回転数を上げ過ぎないこと。
プラスチックなので溶けてしまいます。


機材は、卓上タイプ とか ベンチタイプ と言われる固定式がオススメ。

金属磨きのなら、綿バフで終了となる場合もあります。
ただし今回はプラスチックなので、もう1工程あります。

ネルバフ研磨で鏡面仕上げ


プラスチックや塗装面にはネルバフで最終仕上げとなります。
さらに光沢をだすことができます。

ネルバフというのは、ネル生地を重ねて出来たバフになります。
では、ネル生地とは?

簡単に言うとネルシャツの生地なんです。
不要なネルシャツができたら一度
プラスチック磨きをやってみようと思います♪

オマケ


これがバフしてもらったスライダーです。

実際に見てビックリ! 鏡面なんです。
プラスチックなのに反射して自分がうつるんです。

残念なのは、ボクの撮影が下手すぎること。
いずれ上手にとった写真と差し替えます。


はじめはサンドブラストしたのですが大失敗!
上が切削品、下がブラストです。
マットな質感をイメージしたのですが真っ白になりました。

決して粉がついているのでありません。
洗ってもこの状態なんです。


ヘアーラインも試してみましたが、白くなるためNGです。
イメージしたものではありませんでした。


今回、製造時についてしまったスライダーの傷をどうにかしたく
色々試したのですが、最後のバフは想像以上でした。

復活どころか、グレードが上がった物となりました(*´▽`*)



今回はここまでです。
最後までご覧いただき、ありがとうございます!

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
癒しになりますm(__)m

トリビア集
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました