【保存版】 ファクトリーチームのタンクステー

この記事は約4分で読めます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
今後の糧になりますm(__)m

ファクトリーマシンのルックスを手に入れるシリーズ
買えるファクトリーパーツ 第10弾:タンクステー

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

今回はファクトリーチームのタンクステーの紹介します。
各チームがどのようにブレーキタンクを固定してるのか?

なお、ファクトリーチームが使うブレーキタンクについてはこちらの記事で紹介しております。
【保存版】 ファクトリーチームが使用するブレーキタンク

スポンサーリンク

スプリント用ステー

まずは、GPマシンのステーを紹介。
スプリントマシンのステーの特徴は、ボルト固定が多いこと。

耐久と違いレース中にブレーキタンクの交換はありません。
よって、クイックリリースの必要はありません。

とはいえ、クイックリリース仕様になってるものもあります。

ちなみに、クイックリリースの定義は工具を使わずに脱着ができる機構を言います。

Repsol Honda, RC213V


ブレーキ側
板状から筒状に変形したステーになっています。
とても凝った造りです。流石ホンダ!

なお、ステーはハンドルに固定されています。


クラッチ側
一見、板ステーに見えますが、ブレーキ側と同様にタンクの取付部がカラー形状になってます。

ちなみに現在はワイヤークラッチに変更してるためこのタンクは使われていません。

Monster Energy Yamaha, YZR-M1


ブレーキ側
無骨な溶接ステーです。
スプリントですが、バンド固定による耐久仕様となっています。


クラッチ側
板を曲げたのではなく、この形状に切削してあります。
大きい材料から削りだすわけです。
とても贅沢な一品です。

Suzuki Ecstar, GSX-RR


ブレーキ側
目視での確認も難しく、写真におさめるのが非常に困難です。
ステーがどこに取り付けてあるかもよくわかりません。


クラッチ側
ステーはマスターシリンダーのクランプに固定。
当然クランプも専用品を作ってることになります。

ボルトではなく、ピンとスナップピンで固定しています。

以前のGSV-RRは無骨ですね。
比較すると、かなりスタイリッシュになったことがわかります。

耐久用ステー

ここからは耐久マシンのステーを紹介。
耐久仕様の特徴はブレーキタンクもしくはタンクステーが工具なしで脱着できること。

耐久では、転倒してハンドル周辺に破損があった場合マスターシリンダーごとハンドルを交換します。その際にブレーキタンクもマスターと一緒に交換するため素早く取り外せる必要があるわけです。

YART, YZF-R1


古くからあるスポンジステーです。
まさか、まだこの手法を採用してるチームがあったのは驚きです。

見ての通り脱着はかなり容易です。

Team GREEN, ZX-10RR


左右ともにゴムバンドで固定しています。
なお、左のブレーキタンクはリヤのサムブレーキ用です。

ちなみにSBKのKawasaki Racingもスプリントレースですが
同じ方法を採用しています。

ヨシムラ, GSXR1000


ヨシムラさんに限らずスズキのレースチームのほとんどが昔からこのゴムステーを使ってます。

ステーの下側でスナップピンによって固定されており、転倒時はステーごと交換します。



ファクトリーチームのタンクステーは以上ですが最後に重大報告があります。

買えるファクトリーパーツ

最後に紹介したスズキのゴムステー
なんと! このレプリカをモトロックマンで作りました!!

【適応ブレーキタンク】
NISSINブレーキタンク
スズキ純正 59740-47H00(アセンブリ)
ヤマハ純正 5SL-25894-20(タンクのみ)
カワサキ純正 43078-1099(タンクのみ)
デイトナ品番 36205, 77869, 90983
※外径φ50であれば他でも使用できます

【材質】
クロロプレンゴム (CR)
耐候性、耐熱性、耐薬品性に関し可もなく不可もなくの材質です
※弊社ではレース専用の消耗部品としての扱いとします。
劣化による返品はお受けしません。

【定価】
1,980 (2,178税込)

【補足】
現在はステーのみの販売となっておりますが
専用のクイックリリースピンも現在製作中です。

装着にあたって、矢印が指す突起を削り落とす必要があります。
下側は削る必要ないのですが、削ったほうがスタイリッシュです。

ベルトン (ベルトサンダーの一種) があれば、あっという間ですが
ニッパーやヤスリでも加工できます。


さぁ、マニアックな方、鈴菌の方の注文をお待ちしております

今すぐ商品を見る

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
癒しになりますm(__)m

カスタムのすゝめ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました