【保存版】 ファクトリーチームのスプロケナット

この記事は約3分で読めます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
今後の糧になりますm(__)m

ファクトリーマシンのルックスを手に入れるシリーズ
買えるファクトリーパーツ 第11弾:スプロケナット

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

今回はファクトリーチームのスプロケナットを紹介します。
なかにはロック機構のないナットを使ってるチームもあります。
これは決して真似しないでください。

レースでは走行前にトルク管理をしてますが
ストリートユースではなかなかそうはいきません。

スプロケットには必ずロック機構、
もしくは回り止め機構のあるものを使いましょう。

スポンサーリンク

Repsol Honda, RC213V


チタンのボルトをアルミのフランジナットで固定。
ワイヤリングの穴も確認できます。

ホンダは色によってネジの向きをわけているようです。
青が正ネジ(右ネジ)、赤が逆ネジ(左ネジ)

カッコいいですね~。
モトロックマンではチタンでこのナットをつくる予定です。
レプソルカラーに似合うこと間違いなし!

Monster Energy Yamaha, YZR-M1


フリクションプレート付きのロックナットです。
フランジもない極めてシンプルなナットです。

材質はわかりません。
知ってる方がいたら教えてください。

Suzuki Ecstar, GSX-RR


ホンダと同じくワイヤロック付きのフランジナット。
材質はわかりませんが、質感からしてアルミと思われます。

Yoshimura, GSXR1000


ヨシムラさんではKナットを使用。
Kナットについては後ほど説明いたします。


最近はナットではなくボルト固定になっています。
ペンタゴン式になった際に変更されたと思われます。

Kawasaki Racing Team, ZX-10RR


ジョナサン・レイの車両はきわめてシンプルなフランジナット。
ロック機構や回り止めのワイヤーリングホールもありません。

材質はおそらくチタンでしょう。
表面はモリブデン系の潤滑コーティングが施してありますね。

下図はTeam GREENのZX-10RR
KRT (Kawasaki Racing Team)と同じナットでしょう。


ファクトリーチームのロックナットの紹介は以上ですが
ここまで購入できるものが出てきてませんよね?

安心してください、最後にとってあります(笑)

買えるファクトリーパーツ:Kナット

実はこの度、モトロックマンでKナットの取り扱いをはじめました!!

日本では馴染みのないKナットですが、
実はカートやカーレースでは割と頻繁に使用されています。


では、Kナットとは何か?
ずばり、超高張力鋼のカシメ式ロックナット!

米軍規格や航空宇宙規格に属しており、
航空機に使われることから海外では ジェットナット とも呼ばれます。

さらに詳しい紹介はコチラの記事↓
【超マニアック】kナットをご存じですか?
さぁ、今すぐリンクGO!



今回の記事はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
癒しになりますm(__)m

カスタムのすゝめ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました