【超マニアック】Kナットをご存じですか?

この記事は約5分で読めます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
今後の糧になりますm(__)m

【ロックナットの種類とモトロックマンのオススメのKナットをご紹介】

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

この度、モトロックマンではKナットという
ロックナットの取り扱いを開始しました。

そこで今回はロックナットの種類とKナットについてご説明します。

スポンサーリンク

ロックナットの種類

ロックナットをロック機構別に分けると以下の3種類になります。

① インサート式
② ダブルナット式
③ カシメ式

では、順に説明いたしますが、
今すぐKナットについて知りたいせっかちさんはコチラ

インサート式ロックナット

ゆるみ止め用にフリクション材を使ったナットです。
入れ込んだ (インサートした) 物によって呼び名がかわります。

Uナット

Uナット
金属のフリクションプレートを入れ込んだナット。
バイクの純正ロックナットがこれになります。

上図のほかにもフランジ付きタイプ、薄型など様々ありますが
64チタンのUナットはあまり見かけません。

細かいことは省きますが、単純に生産が困難なためです。
でも最近は少しづつ見かるようになりました。

ナイロンロックナット


フリクション材にナイロンを使ったロックナット。
チタンでもナイロンのロックナットは昔からあります。

ナイロンナットのデメリットは厚いこと。
緩み止めの抵抗を作るために、ナイロンに厚みが必要となります。
その分、ナット自体も厚くなってしまいます。

ナイロンの代わりにOリングを使ったものもあります。

ダブルナット


ニコイチのダブルナット。

1つ目のナットが対象物を固定し
2つ目のナットが1つめ目のナットを固定します。

緩み止めの効果はロックナットなかでは最高クラス。
その分、おねじへの攻撃性が高いという声もあります。

場所をとることや手間がかかることもあり
バイクでは使用されません。

カシメナット

ナットの出口を変形させることで
ゆるみ止め効果をつくるロックナット。

カシメの方法は2つあります。
1つ目がコチラ ↓

頭部を叩いて出来た、いわゆるバリでロックさせます。
ちなみに、チタンでもこのタイプのロックナットは存在します。

そして、もう1つのカシメナットが下のKナット

頭部の側面を潰すことで緩み止めの効果を作っています。
左右の2つは2面をカシメています。
中央は、わかりづらいですが3点カシメです。

全くと言っていいほど知られていないKナットですが
実は意外なところに使われています。

RCSマスターの可倒レバーについたナット
これ、Kナットなんです。
知ってる方も少ないのでは?

では、さらに詳しくKナットについて説明いたします。

Kナットのスペック

まずは、こちらを見てください↓

左がKTMの純正、右がモトロックマンの製品。
実はKTMもKナットを純正採用してるんです。

パッと見、左右同じサイズに見えますが、
左がM8に対し、右はM10なんです。

このように、ひとことでKナットと言っても様々。
メーカーのよってノウハウが異なります。

そんなわけで
ここからはモトロックマンのKナットをご紹介します。

驚きの強度


材量は、ニッケルクロムモリブデン鋼。
その強度は1,100MPaに達します。

ちなみに、強度が490MPa以上の鋼材を高張力鋼と言います。
さらに1,000MPaを超えるものを超高張力鋼と呼ばれます。

超軽量

強度が高いため、ナットを薄くすることが可能となります。
例えばM6の場合、六角二面幅は工業規格で10mm
対してKナットは驚きの7mm!!!!

材料が薄くなるため、軽量になります。
また、フリクション材がないのも軽量化となります。

左から順に、
カワサキ純正ロックナット
他社製のチタンロックナット
モトロックマンのKナット
他社製のチタンのコンパクトナット

Kナットの重量は純正の半分以下!

カシメ式のロック機構

きわめつけはロック機構。
通常は金属プレートやナイロンのフリクション材を用いますが
Kナットは出口をかしめることで抵抗をつくりだしております。

従来は、先ほどのKTMのように六角のうち2面をカシメたもの
でも、モトロックマンの扱う新型製品は3点カシメ。
より安定した保持力となっております。

なお、メーカーの検証では約15回の脱着が可能とのこと
※締めこむ量によって異なります

異種金属接触腐食とカジリへの対策もバッチリ

亜鉛ニッケルめっきは鉄やステンレスより電位が低く
異種金属接触腐食のリスクを軽減します。

またさらに二硫化モリブデンコーティングにより
カジリ防止対策も施してあります。

価格


まずは、スプロケナット用に M10 (P=1.25)をご用意いたしました。
1個 480円 (税別)
5個セットで 2,160円 (税別)
6個セットで 2,590円 (税別) ※輸入品のため為替によって定価が変わることがあります。

いずれはM8、M6も展開する予定です。

まさに夢のようなロックナット。
航空機に使われることから海外では ジェットナット とも呼ばれ
米軍規格や航空宇宙規格に属しています。

バイクレースでも知らない人が多いKナットですが、
知ってる人たちはもう使ってます。

さぁ、マニアックな方、変態さんのご注文お待ちしております(笑)

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
癒しになりますm(__)m

カスタムのすゝめ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました