【カニ図鑑】 リヤキャリパー用ブラケットの選び方

この記事は約5分で読めます。

【カニキャリパーとキャリパーサポートの相性診断】

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。
今回はbremboのカニキャリパーについて解説と
キャリパーブラケットの選び方についてご説明します。

カニのキャリパーとは

bremboの取付ピッチ84mmのストリート用リヤキャリパーを
通称 “カニ” とか “カニキャリパー” と呼びます。

現在までに以下のカニがあります。


①をカニ、もしくは旧カニと言い
それ以降は新カニ、新々カニと呼ばれています。

また、①~④が鋳造ボディに対し、⑤は切削ボディであることから
「削りカニ」と呼ばれています。

削りカニは以下のレーシングキャリパーとよく似ています。
ただ、レーシングキャリパーは市販品ではありません。
間違えて購入するということはないでしょう。

ストリートの削りとレーシングの見分け方はいくつかあります。
その中で一番わかり易いのが取付ピッチ。
ストリートはピッチ84、ネジサイズはM8。
レーシングはピッチ64、ネジサイズはM7。

カニの選び方

カニを購入する際に注意することは2つ。
サイズと装着する向きです

サイズに注意!

カニキャリパーにはピストン径がφ32と34があります。

選び方は簡単!
純正キャリパーに近いサイズを選ぶだけ。

純正キャリパーの多くがφ38、もしくはそれ以上なので
ほとんどがφ34の選択になります。

■タッチが変わるのは仕方ない!?

キャリパーのピストンが小さくなると、どうしてもパツパツになります。
それでも足での操作なので、ある程度は許容範囲内と思われます。

でも、どうしてもパツパツ感が気になる、我慢できない、
という方はマスターシリンダーを変えるしかないです。

■マスターシリンダーの小径化

具体的にはφ1/2(12.7)サイズのマスターを使います。

すでにφ1/2を使用していて不満を感じる方は
φ11への変更になります。

■マスターシリンダーの選び方


1/2サイズなら何でもイイというわけではありません。
以下の寸法が現在のものと同じでなければ装着できません。

① 取付ピッチ
② 取付穴サイズ
③ 平行タイプ/オフセットタイプ
④ プッシュロッドの長さ
⑤ プッシュロッドのネジ径

ぶっちゃけ、こんなの調べられません。
なので量販店かカスタムショップに相談するのが一番です。

とりあえず、ここではボクの知ってる情報を紹介します。

■具体例の紹介・1

ZRX1100/1200にカニキャリパーを装着する場合
ヤマハのOEMブレンボが最適です。

ZRXがキャリパーがφ38に対して、マスターがφ14
ここにブレンボのφ34キャリパーを入れれば当然パツパツ

そこで使えるのがヤマハのブレンボ


このマスターは取付ピッチ49、ZRX1100/1200と同じ寸法で
ピストンサイズはφ1/2になります。

ヤ〇オクやメル〇リなどでφ13という表記でこのキャリパーを売っているのをみかけますが
正しくはφ1/2(12.7) になります。

■具体例の紹介・2

カスタム頻度の高いゼファー1100、GPZ900Rの場合
ゼファー400の1/2マスターがオススメです。

ヤマハブレンボは使えません。
取付ピッチ49mmは同じですが、オフセット量が異なります。

■具体例の紹介・3

その他、スペックエンジニアリングさんのマスターも有名です。
取付穴が長穴になっており、49mmピッチには幅広く対応できる
と聞いております。

■ブレーキホースは純正がオススメ


純正のゴム製ブレーキホースもパツパツ感の対策になります。
上図のようにあえてゴムホースを使うファクトリーも増えてます。

とはいえ、キャリパーが変わればブレーキホースの取り回しも変わります。
そのまま純正を使うことは難しいでしょうね。

■リヤスプリングキットという方法もあります


弊社のリヤスプリングキットで抵抗を増やす、
という方法もあります。

踏力が必要となることでパツパツ感を多少なり軽減できます。
まぁ、直接的な解決策ではないですね。

取り付けの向きに注意!

サイズの他に注意するのが、キャリパーのエア抜き位置と
キャリパーブラケットの取付方向です。

キャリパーのエア抜きニップルの位置はが
ピストンよりも上になる向きで配置する必要があります。
bremboのロゴやマークも正しい向きになります。

この件に関してはコチラの記事で詳しく紹介しております↓
【教科書には載ってない】 エア抜きを容易にする方法


①~④のキャリパーはスイングアーム上が正常配置。
対して⑤はスイングアーム下に取り付けるのが正解です。
よって、キャリパーに合ったブラケットを選択する必要があります。

とはいえ、逆に装着するのが絶対NGというわけではありません。
ブレーキの効果になんら変わりません。
ブラケットから外してエア抜きをするのがメンドクサイだけです。

まぁ、でも正常配置してれば、カスタム通をきどれますね(笑)

オマケ:HRCのキットパーツがおススメ


個人的におススメなのが、HRCキットパーツのNISSINキャリパー。
切削ボディではないのですが、超カッコいい!

ただ、bremboレーシングと同じく取付ピッチ64のM7サイズのため
専用のブラケットを用意する必要があります。
装着はちょっと実現的ではないですね。


今回はここまで
最後まで見ていただき、ありがとうございます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
癒しになりますm(__)m


SLAM DUNK 新装再編版 全20巻 新品セット
Amazon
カスタムのすゝめ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました