【オススメのマフラー】 失敗しないマフラーの選び方

この記事は約5分で読めます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
今後の糧になりますm(__)m

こんにちは、オートバイのカッコ良さを追求するモトロックマンです。

今回は、モトロックマン流のマフラーの選び方です。

はじめに言っておくと、僕のオススメのマフラーはつまらないです。
なぜかと言うと、勧めるのが定番品だからです。

定番品をすすめる理由は・・・マフラーが高いから。
高いお金払って、後悔したくないじゃないですか。

なので今回は、”失敗しないマフラー選び” についてのお話です。

スポンサーリンク

マフラーを変える目的

① 出力アップ
② サウンドの改善
③ 軽量化
④ ビジュアルアップ

マフラーを変える理由と言ったら上の4つになります。
まぁ、人によって優先順位は変わりますが(^^;)

はい、なのでオススメするマフラーは、この4つを満たすものです。
では、具体的にどこのマフラーかと言うと・・・

やっぱりアクラポビッチ!


やっぱり一番最初に出てくるのはアクラポビッチ
ド定番のつまらない答えでホントすみません (-_-;)

では、アクラって何が凄いのでしょうか?

【答え】 車種専用度が高い!

車種ごとに最適サイズのパイプを用意してるんです。
規格品を使わずに、自社でパイプを作ってるんです。

専用品はパイプだけではありません。
次の3枚の画像を見てください。

BMW Motorrad World SBK Team:M1000RR

Team HRC:CBR1000RR-R

PATA YAMAHA:YZF-R1M

ブラケットの位置が違うのわかりますか?
サイレンサーバンドを使えば全部共通にできるのに。
わざわざ違う位置に溶接してます。

サイレンサーステーも専用品です。

そんでもって、これがレース供給だけでなく
市販品にも反映されているのです。

マフラーに限らず、どんな製品にも言えることですが、
出来るだけ共通部品を増やしてコストを削減したいところ。

エキパイだけ車種別に作って、サイレンサーは全て共通。
そんなマフラー屋さんが大半です。
でも、アクラは違います。

出来る限り車種専用で部品を用意
 ⇩
入念なテストを繰り返す
 ⇩
結果、性能に優れたマフラーができる
 ⇩
結果、高価でも売れる

まさに理想的な仕事のあり方ですね。
うらやましい ( ノД`)シクシク…

ちなみに2022年のSBKファクトリーチームにおいて
アクラポビッチの使用率は 100% !!!


上は2022年のGPとSBKに参戦中のファクトリーチームです。
22台中18台がアクラポビッチ使用。

もしあなたが金銭的に余裕があるなら、
アクラポビッチを推薦します。

ファクトリーチームが採用するマフラー

次はアクラ以外のマフラーの紹介なんですが、
やはりオススメするのはファクトリー採用のものです。

もちろん実際にファクトリーが使ってるものと市販品は異なります。
とはいえ、そのバイクを熟知してるわけですから
当然、市販品もクオリティの高いものになっています。

では、メーカー別にファクトリーチームのマフラーを紹介していきます。

Kawasaki


SBKのカワサキファクトリーではアクラポビッチが使われてますが、
日本の Team GREEN が使用するのは昔からBEETさん。
カワサキのスポーツ系にはコレが似合いますね(^^♪

SUZUKI


モトアメリカ (AMA)では、M4が使われてますが
ボクの中でスズキと言ったらヨシムラさんの一択です。
サイレンサー形状も独特でカッコいい!

HONDA


HRCチームがアクラ以外で使用してるのがエンデュランスさん。
ここは昔からホンダの仕事を請け負っています。
もしかしたら、CBRのキットパーツのマフラーもエンデュランス製なのでは?

YAMAHA


サイレンサーには “FG TITANIUM” のエンブレムがあります。
ofaさんのブランドですが、おそらく材料供給だけと思われます。

製作はメガテックさん、サクラ工業さんあたりではないでしょうか?
どちらのサイトも確認しましたが、この仕様のマフラーは販売してませんでした。

ヤマハファクトリーと同じブランドを購入するのは難しいですね。
残念です ( ノД`)シクシク…

マフラーメーカーが必ずしもマフラーを作ってるわけではない

国内でいくつものマフラーメーカーがありますが、
実際に自社生産してるのは2/3程度なんです。
もしかしたら、もうちょっと少ないかも?

1部の部品は外注というマフラーメーカーもあれば、
すべて外注にオマカセなんてところも多々あります。

別にそういった会社を否定するわけではありません。
モトロックマンでも設計は自社ですが
製作は全て協力工場なのでいっしょのことです。

ここでフューチャーしたいのは、その逆。
製造を請け負ってるマフラー屋さんがあるということ

他社のOEMマフラーのみというマフラー屋さんがあれば
自社のオリジナルと他社OEMの両方というマフラー屋さんもあります。

例えば、先ほど名前をあげたサクラ工業さん。
純正マフラーを手掛ける大手マフラーメーカーです。
また、MotoGPにもマフラーを供給してるほどの会社です。

二輪関係者であれば知らない人はいないのですが、
多くのライダーが知らないのではないでしょうか?

サクラ工業さんのマフラーはこちらで紹介されてます⇩
https://www.ysgear.co.jp/mc/custom/prunus/

HRCをサポートしてるエンデュランスさんにしてもそうです。
HRC以外にも多くのレースチームのマフラーを供給してますが、
知ってるのはホンダのSS系に乗っている人ぐらいではないでしょうか?

エンデュランスさんのサイトはこちら⇩
https://endurance-parts.com/

年々、マフラーの規制が厳しくなっています。
そんななかで純正マフラーより高性能なマフラーを作るのは
とても厳しい話です。

それならいっそのこと、純正マフラーを作ってる会社のマフラーってのも
選択肢にいれていいのではないでしょうか?

他にも 「〇〇社のマフラーは、◇◇社で作ってる」 なんて話も
おもしろいですが、怒られちゃうので今回の記事はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。

\投げ銭始めました/
このブログが『面白いな』と感じたあなた。
僕に缶コーヒー1杯おごってもらえませんか?
癒しになりますm(__)m

カスタムのすゝめ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
モトロオーナー

10代のとき『特攻の拓』の天羽時貞のバイクがカッコいいと思いSRを購入
  ⇩
カッコいいカフェレーサーをつくりたいという気持ちから某パーツメーカーに就職
  ⇩
自分で設計から製造までしたくなり退社し、マシニングを学ぶ
  ⇩
ROCKMANを起業
  ⇩
新たな挑戦を繰り返し
結果パーツメーカー、レースチームで多数の製品開発を行う
  ⇩
心機一転、元ROCKMANとMotoをかけて ”モトロックマン" と改名し、今に至る

モトロオーナーをフォローする
モトロオーナーをフォローする
モトロックマンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました